学習支援教室

子供たちに ”できる喜び わかる自信を” ”褒めて伸ばす!学ぶ楽しさを”

くれよんクラブ Top
1:就学前の大切な事
2:小学生の時期に大切な事
 
週間レッスン・スケジュール&料金
 

NEW イベント情報

 

 
現状と支援の必要性

1:発達障がい

 

ソリューション画像

会 則

細 則

運営者情報

法定表示

プライバシー

連絡フォーム

リンク集

サイトマップ

【学習障がい】

学習障害は、「障害」という言葉のイメージからとても重い障害のように感じてしまいますが、知的発達に遅れはなく、特定の能力の修得に困難を示します。
そのため、近年はLDと呼ぶことが一般的となっています。
LDは約2〜3%の割合でみられるとされています。

つまり、30人のクラスでは1〜2人存在するのです。
また、女の子よりも男の子のほうが発症率は高いとされています

【学習障がい(LD)の定義】

学習障害は1999年に旧文部省により、「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算するまたは推論する能力のうち特定のものの修得と使用に著しい困難を示すさまざまな状態を指すものである。

学習障害は、その原因として中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や環境的な要因が直接の原因となるものではない」と定義付けられています。

【学習障害の分類・症状】

上記の学習障がいの定義にもあるように、学習障がいは知的な発達に遅れはなく、読む・書くなどの1つまたは複数の分野の理解・能力取得に困難が生じます。
特定の能力にのみ障害があり、他の能力は正常です。障害のある特定の能力意外は、高い知能を持っている場合もあります。

算数の問題は理解でき、計算も他の人より速くできるのに、文章をスムーズに読めなかったり、字をかくことが困難だったりします。
頭の回転は速く、会話も流ちょうであるのに、読み・書きだけに困難を示すのです。

学習障がいの症状はさまざまです。主に下記のような症状があります。

  • 言語能力の困難
  • 読字・書字の困難
  • 算数・計算の困難
  • 推論の困難
  • 社会性の困難
  • 運動の困難
  • 注意集中・多動による困難

ディスレクシア(読字障がい)

学習障がいの一つにディスレクシア(読字障がい)があります。
文字を読む能力に障がいがあり、よく似た文字が理解できなかったり、文章を読んでいるとどこを読んでいるのかわからなくなってしまったり、字を読むと頭痛がしてくる、逆さに読んでしまう、読んでも内容が理解できないなどの症状があります。

ディスグラフィア(書字障がい)

学習障がいの文字を書くことに困難を示す症状です。
黒板の文字を書き写すのが難しかったり、鏡字を書いてしまったり、作文が書けない、読点が理解できないなどの症状があります。

ディスカリキュア(算数障がい)

数字や記号を理解・認識できない、簡単な計算が出来ない(指を使わなければできない)、繰り上がりや繰り下がりが理解できない、数の大小の理解が困難などの症状があります。

学習障がいの原因

LDの原因は、脳機能の障がいとされていますが、まだはっきりとしたことはわかっていません。
しかし、育て方や環境などによるものではありません。

早期発見の重要性

LDは知能に障がいもなく、特定の能力以外は正常です。そのため、特定の分野においてできないことを「苦手」や「個性」と捉えてしまう場合が多く、対応が遅くなるケースが多いようです。

また、障がいに気付きにくいために、「努力不足」と思われたり、「どうしてできないの」などと言われたりしてしまいます。
いじめや不登校につながることもあるのです。

LDを持っていても、自信を持って学習できるように、適切な支援・理解が必要なのです

【学習障害の診断】

学習障がいの診断は家庭や学校での様子や、専門機関での医学的な検査(必要に応じて)、知能検査などをもとに行います。
LDでなくても、計算や読み書きが苦手な人はたくさんいます。

LDは専門家による診断が必要なのです。

大人のLD診断

近年大人にもLDの診断を受ける人が増えています。
学習障がいが一般に認識されるようになったのは最近のことです。
そのため、子供の頃からLDの症状があっても、気付かずに困難を抱えて過ごしてきた人がたくさんいるのです。

大人になってから、診断を受ける必要があるのだろうか…と考える人は多いでしょう。
日常生活で困難がある場合には、大人でもLDの診断を受け、困難を解決する方法を専門家と相談しながら見つけていくと良いでしょう。
実際に診断を受けて、「自分は無能ではなかった」と思いほっとしたと言う人や、診断を受けたことで、苦手な部分を補うための自分なりのやり方を見つけるようになって負担が軽減したという人もいます。

学習障がいチェック

学習障がいは特別な支援が必要です。
学習障がいは2006年より普通学級に在籍して特別支援学級での指導も受けられる通級の対象となっています。
早期発見により、早い時期から適切な支援を受けることは、発達や負担の軽減につながるのです。

下記の項目の中で、一つの領域によく当てはまるものが多くある場合には、専門機関や医師に相談することをおすすめします。

「話す」領域のチェック

  • 正しい音で発音できないことがある(お母さんをお母たん、お母しゃんなど)
  • 不自然なトーン・抑揚で話をする
  • 適切なスピードで話せない(たどたどしい・非常に早口)
  • 言葉につまってしまう
  • 単語を羅列して話す(短く、内容に不十分である)
  • 筋道の通った話ができない
  • わかりやすく伝えるのが困難

「読む」領域のチェック

  • 読むのがとても遅い
  • 本などをスムーズに読めない
  • 同じ文を繰り返して読んでしまう
  • 単語や行をとばして読んでしまう
  • 語尾を変えたり、言葉を抜かしたり、勝手読みをする
  • 文章の内容を正しく理解するのが困難
  • ふだん使わない言葉や初めて出てきた言葉を読み間違える

「書く」領域のチェック

  • 書いた字が読みにくい(まっすぐ書けない・文字の大きさを整えられない)
  • 正しい書き順で書けない
  • 句読点を打つのが困難(抜かしてしまう・正しく打てない)
  • 文章を長く書くのが困難(作文や日記を書くのが困難)
  • 誤字脱字が多い
  • 漢字を正しく書くのが困難(漢字の細かい部分を間違って書く)

「計算・数」領域のチェック

  • 学年相応の数の表し方や意味を理解するのが困難(分数や少数の大小や意味が理解できない・二万五十三を253や2053と書く)
  • 繰り上がり・繰り下がりが理解できない
  • 計算式を理解するのが困難
  • 学年相応の文章問題を理解できない
  • 2つ以上の式を用いて解くような複雑な問題が解けない
  • 簡単な計算を暗算できない(指を使わなければできない)
  • 計算にとても時間がかかる

「推論」領域のチェック

  • 学年相応の図形を描くのが困難(見取り図・展開図・ひし形・丸など)
  • 学年相応の量の比較をするのが困難
  • 学年相応の量を表す単位(長さやかさなど)が理解できない(10cm=100mmなど)
  • 行動を目的に沿って計画し、必要があれば計画を変更することが困難
  • 早とちりしてしまう、飛躍した考えをする
  • 物事の因果関係を理解するのが困難

 

Dコース
Eコース
Fコース
Gコース